八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新型コロナ 西表で10代男性感染 竹富町内で初確認

36644.jpg

20代女性とBBQ 9人が濃厚接触、拡大も

 八重山保健所は4日、新型コロナウイルスに竹富町西表島の1人を含む計3人が新たに感染したと発表した。竹富町内で感染確認は初めて。感染者は石垣市の飲食業20代女性(八重山管内累計19例目)、飲食業20代女性(同20例目)、西表島の会社員10代男性(同21例目)。いずれも症状は軽症。男性は県立八重山病院に入院、女性2人は自宅療養。男性は、8月1日に感染が判明した「ShowLounge舞」従業員20代女性(13例目)と西表でバーベキュー(BBQ)をしており、女性の濃厚接触者。男性のほかに濃厚接触者が8人おり、保健所はPCR検査用の検体採取を島で実施する方針。

 保健所によると、13例目の女性は7月24日、25日のいずれかにクラスター(感染者集団)が発生した石垣島キャバクラ「Aclub」を客として利用。27日、西表を訪れ計10人で室内BBQをした。男性はその際ウイルスに感染した可能性が高い。8月2日、3日に微熱や喉の痛み、味覚症状が出たため、4日、県立八重山病院の抗原検査で陽性が判明。男性は同日に定期船で石垣へ移動、離島ターミナルで待機する保健所の車で同院まで移送された。保健所が男性の行動歴や濃厚接触者を調べている。

 13例目女性の濃厚接触者8人のうち、1人は竹富島、7人は西表島在住。竹富島の1人は4日、定期船で石垣に渡り、町の職員が専用車で石垣市中央運動公園野球場の新型コロナ相談外来まで移送、PCR検査の検体採取を行った。結果は1日半~2日で判明するため、その間は町が用意した宿泊施設で待機する。

 10代男性、竹富島住民2人とも船内では後部座席に座り、感染防止策を取り移動した。

 西表に残る濃厚接触者7人は、自宅待機要請が出ている。感染有無を判断するため、近く同院の医師が島で検体を採取し、沖縄本島の検査機関に送る。

 19例目20代女性は、13例目女性の同僚。8月2日、新型コロナ相談外来で検体を採取し3日夜、結果が判明。「ShowLounge舞」従業員の感染は2人目。同店での集団感染や二次、三次感染の恐れも出ている。

 20例目20代女性は、Aclub従業員。8月2日にせきを発症、3日、保健所を介し同院を受診。PCR検査で感染が分かった。同店従業員の感染者は計9人。

 7月30日以降の感染者は計16人となった。

  • タグ: 新型コロナウイルス八重山保健所
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム