八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

子どもたちの夏休みが始まった…

 子どもたちの夏休みが始まった。コロナ禍の夏休みは16日間で全国最長。一斉休校が長引いた関係で、全国の9割の小中学校で夏休みが短縮され、最短は9日間という。絵日記も、工作もない異例の夏休み▼しかも県独自の緊急事態宣言が重なる。石垣からの航空路線は本土も那覇もすべて感染拡大で怖くて旅行にも出かけられない。でも気持ちを切り替えて、島にいて、おうちにいて楽しいことを▼一斉休校は検証せねばなるまい。首都圏と数日前に初の感染者が出た岩手県と同時実施で良かったのか。それを決めた、この人は夏休みなんだろうか。国会閉幕翌日の6月18日以降、国会審査にも記者会見にも応じず、説明責任を果たそうとしない安倍首相である▼およそコロナ感染抑制に国民の理解と協力が必要ならば、積極的に自らの言葉で説明を尽くすことが最高責任者のつとめだろう。血税1兆7千億円を浪費する「Go Toトラベル」のドタバタ。首相がどう判断し政策決定がなされたか▼なかんずく「Go To」そのものが地方への感染拡大をもたらしたのではないか。結果は今週中に明らかになる▼国民は不安のただなかにある。「私は森羅万象すべての担当」と主張された方である。一国の責任者たるもの、だんまりを決め込んでいる場合じゃない。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム