八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県高校野球夏季大会 八重高、悲願の初優勝

マウンドに駆け寄り、初優勝を喜ぶナイン=2日午後、タピックスタジアム名護

マウンドに駆け寄り、初優勝を喜ぶナイン=2日午後、タピックスタジアム名護

全員野球で頂点つかむ KBCに競り勝ち

 【名護】2020年沖縄県高校野球夏季大会(県高校野球連盟主催)の決勝は2日、タピックスタジアム名護で行われた。八重高が五回の集中打で一挙4点を挙げ、KBC学園未来沖縄の反撃を2点に抑えて競り勝ち、初優勝を飾った。3年生20人が出場、文字通り全員野球で頂点に立ち、32年ごしの夢を実現した。決勝戦もテレビで生中継され、優勝の瞬間、島中が歓喜に包まれた。

 過去に八重高が夏の甲子園に最も近づいたのは1988年の第70回全国高校野球選手権記念沖縄大会。沖縄水産に0―8で敗れ、準優勝だった。

 今大会は、新型コロナウイルスの影響で第102回大会が中止になったことに伴い、県高野連が独自に開催したもの。甲子園出場はかなわないが、全員野球で勝ち取った栄冠に地元からは「甲子園以上の価値がある」との賛辞の声が上がった。

 決勝戦は四回まで両先発の好投でゼロが続き、五回に動いた。

 無安打に抑えられていた八重高はこの回、失策と安打などで一死二、三塁から1番宮良忠利の三遊間を破る安打で先制すると、続く内間敬太郎のスクイズで2点目。下地寛太郎の左前打、比嘉久人の右越え三塁打の連打で計2点を加点した。

 先発投手の幸喜大雅は抜群の立ち上がりで五回を1失点に抑えた。下地寛太郎、大城和哉が継投し、八回からはエース砂川羅杏がマウンドへ。

 砂川は先頭打者に安打を許し、後続にも一塁線に鋭い打球を返されたが、一塁手の亀川優が好捕、併殺で切り抜けた。

 最終回には2安打で二死一、二塁のピンチ。2番打者の二塁打で1点を与えるも後続を一ゴロに打ち取り、自らベースカバーに入ってゲームセット。3年生20人がマウンドに駆け寄り、輪になって人さし指を何度も突き上げた。

八重山

000040000|4

000010001|2

KBC学園未来

 (八)幸喜、下地、大城、砂川羅|比嘉、田島、比嘉

 (K)新垣大、大城元、豊元、大城純|喜多

 ▽三塁打=比嘉(八)

 ▽二塁打=喜多、喜屋武(以上K)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム