八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

梅雨が明けた。日中は真夏日、夜は寝苦しく…

 梅雨が明けた。日中は真夏日、夜は寝苦しくクーラーなしではいられない熱帯夜の時節。迎える盛夏が思いやられる▼猛暑となるのに、マスクはいつまで必要なんだろうか。このウイルスが「熱に弱い」との一部報道がある。本当なら島々はコロナと無縁の「天国」のはず。でも、何も確証はなく信じられない▼熱中症が怖い時期でもある。マスクは熱がこもって不快。厚労省は屋外で2㍍の間隔を開ければマスク不要と普及宣伝に大わらわだ。ジョギングやウオーキングに励む老若男女はご注意を、運動時はマスクをはずさないと危険とか。秋には口元だけ白い日焼け顔になるかも▼アベノマスクが届いた。やっと。政権肝いり、国民に不評の布マスク。たった2枚に国民の血税、巨費を惜しげもなく浪費した「愚策」をこの目で見た。なのに総理は国会で「仮に全国民が布マスクを1カ月着用すれば、使い捨てマスク30億枚の需要に相当する」と強弁した。懲りないお人だ▼テレビでは涼しく蒸れない「夏用マスク」の開発を報じている。アパレルメーカーやスポーツブランドが続々参入中と。島々に届くのは秋口か▼「密」になる場面はマスクを。せめて人がいないところでマスクをはずし、ささやかな息抜きと解放感にひたるとしますか、この夏は。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム