八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

郡内の児童生徒にとって先週から今週に…

 郡内の児童生徒にとって先週から今週にかけては落胆と喜びが交差した複雑な気持ちになったことだろう▼まず、20日に高校球児の憧れ、夏の甲子園大会の中止が決まった。大きな目標を失った全国の高校球児が落胆し、悔し涙を流した。ただ、沖縄県高野連は、7月に県独自の大会の開催を決定、県内の高校球児の思いに応えた▼だが、市内の中学校で学校の部活動が再開された25日、県中学校総合体育大会、陸上競技大会の中止が発表された。地区大会は陸上は中止だが、その他競技は7月23日、24日で開催し、生徒たちの頑張りに報いることとなった。ただ、部活再開の日に、目標の県大会中止を知らされた生徒たちの心境を考えると、心が痛む▼そして27日、地区小学校体育連盟から小学陸上競技大会の中止が知らされた。これら全てが新型コロナウイルスの影響を受けての措置だ▼各学校では、長期休業による授業の遅れを取り戻すため、運動会や学習発表会、就学旅行など、学校行事の見直しも検討されていると聞く。長い外出自粛からようやく開放された子どもたちにとっては、学校生活の大きな楽しみがコロナに奪われる格好だ▼少しでも子どもたちが、ことしの学校生活に楽しい思い出を残せるよう、大人たちの知恵と工夫が必要では。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム