八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

地元の高級食材を買い求めようと長い長い…

 地元の高級食材を買い求めようと長い長い車列が続くー。大型連休前のJA石垣牛、9日の活車エビのドライブスルー方式で行った地元還元セールの光景だ▼車列は最長で石垣牛で2㌔、車エビでもそれに近い列ができた。だが、残念ながら両方とも1時間を待たずに完売、車列に並んだ大半の市民が買い求めることはできなかった。関係者もここまでの状況は予想もしていなかったようで、「想定外」の反響に驚きをみせた▼販売された石垣牛、活車エビとも高級食材。石垣牛は観光客、車エビは贈答用や業者向けの需要が多く、一般消費者にとっては〝高根の花〟。買いたくてもその価格からなかなか手が伸びなかったのが実情▼今回は、新型コロナの影響で需要の減少や航空便の運休・減便による輸送力の低下で、郡外発送が厳しくなったことを受け、地元消費に活路を見いだそうとの取り組みだ▼価格が石垣牛は通常の半値、車エビはそれ以下と激安。地元消費の支援の輪と、この機会に食べようという消費者の意向が重なったのではないか▼このほかに輸送面で課題を抱えるパイナップルや本マグロ、花き類へも支援の輪が広がっている。これを機に、地元消費を活性化させる対策も必要。地元消費者が手を伸ばせる地元価格を設定してほしいものだ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム