八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

竹富町石垣庁舎 プレゼン審査を延期

竹富町役場旧本庁舎解体部分は残り20~30%となっている=1日

竹富町役場旧本庁舎解体部分は残り20~30%となっている=1日

新型コロナ影響 今月内実施向け調整

 沖縄県内での新型コロナウイルスまん延に伴い、竹富町は8日に予定していた石垣庁舎整備にかかる事業者のプレゼンテーション審査を延期した。提案申請は県内に支店などを有する3事業者からあり、提案資料はチェック済み。今月内のプレゼン審査実施に向け、オンライン対応も含め調整している。

 庁舎整備は設計、施工、工事監理等の業務を一括して請け負う民間事業者の募集を3月31日に開始。4月8日から30日まで提案書類を受け付けた。今月8日にプレゼンテーション審査を行い、11日以降に審査結果の通知・公表後、基本協定を結ぶ計画だった。

 プレゼン審査の実施は、県や石垣市の緊急事態宣言解除、八重山でのコロナ感染者状況などを踏まえ判断する。

 一方、役場旧本庁舎解体工事の工期は今月末を予定。解体の進捗(しんちょく)率は約70~80%。残りの解体部分が隣接ホテルと密接しているため、建物の所有者と調整がつき次第、解体作業に入る。

  • タグ: 竹富町石垣庁舎延期
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム