八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「コロナ中はする事が無くて楽でしょう、…

 「コロナ中はする事が無くて楽でしょう、特別な一年になるかもね」4月に地域の老人会役員に共に選ばれた一人が「先日、会員に冷やかされた。喜んでいいのかどうか」と苦笑していた▼事態が長引くと年間行事が計画通りに行えるのか課題も。ちなみに緊急事態宣言を受けた島の老人会の統括団体石垣市、八重山地区老人クラブ連合会いずれもが、早々に前期の行事を中止または延期にしてしまったのでゴーヤ品評会などでの入賞を目標にしていた会員たちを落胆させている事例も▼市老人福祉センターで催されている毎週、毎月の趣味のクラブ活動もセンターの閉鎖で、休止中▼かといって地域の活動は停滞させておくわけにもいかず、こんな時期でもできることはないか役員会で検討、公園などの美化活動は、お互いが気を付け予定通り行うことに決め実践中▼コロナは、島の各種団体の活動をも左右、宮良青年会は最大行事の3月のサニズ演劇大会を延期、開催にも、より慎重を期している。若夏の海神祭も規模縮小を発表。さらに長引けば綱引き、群舞のある夏の豊年祭、秋の各種祭りは島外の郷友や観光客も関わるだけにどうなるのだろう▼とは言い条、役員の一部では人前が苦手で連合会や地域の年間計画で踊り演目行事が減ることを願っている節も。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム