八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

PCR検査装置届く 八重山病院に、市が購入

PCR検査機器の一部(同病院提供)

PCR検査機器の一部(同病院提供)

 県立八重山病院に1日、新型コロナウイルス感染を確認するPCR検査装置が届いた。石垣市が購入し、同病院に貸し出す。中山義隆市長によると、運用時期については明言できないとしつつ、技師らによる技術習得研修を経て1、2週間後の見通しという。

 運用が始まれば、検体採取から本島の検査機関に送って結果判明までに要した2日間が2時間に短縮される。

 中山市長は同日夕の会見で「現地で検査できればすぐ結果が出る。陽性が出ればすぐ隔離でき、濃厚接触者の動きも分かるので抑え込みができる。市内の感染拡大防止に大きな力となる」と話した。

 市議会から同日要請された実施要件(37.5度以上の熱が4日以上続くなど)の緩和については「行政検査の基準を緩和すると自己負担となるため、保健所や県と調整していきたい。市の相談外来で検体を採取しているのでハードルは下がっていると思う」と話した。

 南ぬ島石垣空港での検体採取については「国際線の場所の配置についてはメドはついたが、サーモグラフィーで熱がある人に対し検体採取についてどう同意をとるか、行政検査が認めてもらえるかどうか、今後詰めていく」とした。

 市は、県が6月下旬以降に県内病院に導入を予定しているPCR装置の規格と違うことから独自購入を判断した。購入費は352万円。県の導入後は、民間医療機関への貸し出しを検討している。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム