八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市 新型コロナ外来を開設

新型コロナウイルス感染症相談外来の開設を準備する医療関係者ら=17日午前、石垣市中央運動公園野球場

新型コロナウイルス感染症相談外来の開設を準備する医療関係者ら=17日午前、石垣市中央運動公園野球場

午後のみで23人が相談 積極利用を呼び掛け

 石垣市内3例目の新型コロナウイルス感染者が発症以降に十数人から百人以上に接触している可能性があるとして、濃厚接触者の外出禁止と全市民の自宅待機を求める緊急事態宣言を発令中の市は17日午後1時、市中央運動公園野球場会議室に新型コロナウイルス感染症相談外来を開設した。午後2時すぎからネットや広報車などで情報を発信、同4時までの開設時間に23人が電話相談し、うち16人が外来に訪れ、1人がPCR検査を紹介された。

 外来には3例目の感染者と接触したという市民も。医師が「現段階では大丈夫だと思う」と伝えると、「明日から外で行動できる」との反応があったことから、医療関係者は外出・行動自粛を徹底するよう求めている。

 診察したかりゆし病院の境田康二院長は「濃厚接触者、自覚症状がある人は無症状でも数日後に発症するかもしれない。2週間の行動制限、移動制限、自宅待機の重要性を理解してもらいたい」と強調。「もっと危機感を持たないと、感染経路が分からない保菌者が増え、患者の発見も遅れる。1カ月後、感染者が増えて大変なことになる」と訴えた。

 外来開設は、感染症濃厚接触者の不安を取り除き、患者の重症度に応じた治療の優先度を決定して選別を行うのが目的。感染者が増えた場合、県立八重山病院、県八重山保健所では対応できない恐れがあるため、市が民間医療機関、医師会、県などの協力を得て設置した。

 26日までの2週間、毎日開設し、医師や看護師、保健師ら10人が対応する。午前9時~正午まで看護師や保健師が電話予約受け付けと問診を行い、午後1時~4時まで医師が診察する。

 相談の結果、感染の疑いが強い場合は県立八重山病院でPCR検査か胸部CT撮影を行う。感染可能性の低い場合は自宅待機。相談外来受診後、病院で受診する可能性もあるため、保険証の持参も呼び掛けている。

 予約する際に電話問診を行うため▽感染者と店を利用した日時など濃厚接触の可能性▽濃厚接触からの日数▽症状発現の時期ーなどを明確にしておくよう求めている。

 外来は、会議室に順番待ちを含むイス6脚を配置。医師が通路側から窓越しに診察する。アクリル板で飛沫(ひまつ)飛散防止を図り、大形扇風機で換気している。

 中山義隆市長は「濃厚接触者や関係者は不安も大きいと思う。病院で診察すると混雑し、感染が広がる可能性があるため、相談外来を設置した。接触した人は自分自身とみんなの命を守るために積極的に相談してほしい」と呼び掛けている。

 予約電話番号は070-5273-7900(7901、7902)。

  • タグ: 新型コロナ外来
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム