八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

電話診療で処方箋発行 ヒデ整形クリニック ひとし眼科

13日に電話診療をスタートさせたヒデ整形クリニック=15日午前、同クリニック

13日に電話診療をスタートさせたヒデ整形クリニック=15日午前、同クリニック

ひとし眼科では駐車場で患者の体調チェックを行う=15日午前、同眼科

患者、最小限接触で受診

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ヒデ整形クリニック(坂元秀行院長)とひとし眼科(安谷仁志院長)は13日から定期受診患者などを対象に電話診療による処方箋発行を行っている。駐車場での処方箋受け取りや会計もでき、最小限の接触で受診が可能となった。担当者は「受診をちゅうちょせず積極的な利用を」と呼び掛けている。

 厚生労働省は2月末までに慢性疾患を有する定期受診患者が電話での診療やタブレット端末など情報機器を使ったオンライン診療を行えるよう各自治体に通達。これを受け、ヒデ整形クリニックとひとし眼科は今週から電話診療を開始。愛島クリニック(木村久美子院長)も態勢づくりを急ピッチで進め、整い次第スタートする予定だ。

 リウマチや白内障、緑内障、アトピー性皮膚炎といった慢性疾患を有する患者が対象。その他にも電話診療が可能な場合は各医院で柔軟に対応する。

 電話診療を行った後、医院は患者が希望する薬局にFAXを送付。患者は4日以内に薬局に出向くと薬を受け取ることができる。診療に係る費用は次回の来院日に支払いが可能。または診療後に直接来院し、駐車場で会計と処方箋の受け取りを行うこともできる。

 ヒデ整形クリニックの石垣晴美マネージャーは「感染拡大の不安から病院に入りたくないという人もいると思う。治療が中断されることがないよう、電話診療を積極的に利用していただきたい」と呼び掛けた。

 また、薬局によっては離島への発送や市内遠方への配達も行っている。3医院は送料や薬剤の管理料などについて、受け取りを希望する薬局への事前相談を呼び掛けている。

  • タグ: 電話診療ヒデ整形クリニックひとし眼科
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム