八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県内感染患者11例目に

県職員を含めた新たな新型コロナウイルス感染症患者の発生を発表する玉城デニー知事(中央)=3日午後、県庁

県職員を含めた新たな新型コロナウイルス感染症患者の発生を発表する玉城デニー知事(中央)=3日午後、県庁

県職員含む20、30代男性2人

 【那覇】県は3日、県庁で新型コロナウイルス対策本部会議を開き、中部保健所管内在住で県職員の20代男性、東京都在住で那覇市滞在中の30代男性の計2人が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。県内感染患者は11例目。

 20代男性は3月30日から倦怠(けんたい)感と鼻水、せきがあり、30日と31日に2医療機関を受診。うち1医療機関からは風邪と診断を受けた。

 4月1日には県庁の辞令交付式に出席し、その後公用車で勤務公署に移動。終業後、帰宅した。同日、23日から28日まで沖縄に滞在中だった20代男性の家族が県外で行ったPCR検査で陽性と判明し、男性は2日に感染症指定医療機関を受診、3日に陽性が確認された。県は家族から感染した可能性が高いとみている。

 県によると、20代男性は県民と接触するような業務は行っていない。県職員の感染を受けて玉城デニー知事を含めた全職員が14日間の健康観察を行うほか、男性の濃厚接触者と思われる約30人程度を同日間の自宅待機にしている。

 県は辞令交付式当日、出席者に対して体調が優れない人は申し出て参加しないよう伝えていたほか、間隔を空けるなど感染防止対策に努めていた。辞令交付式が行われた県庁4階講堂や勤務公署を含めて3カ所を消毒したという。

 懸念される行政サービスの低下について池田竹州総務部長は「災害を想定した事業継続計画(BCP)を全庁、各部課で策定している。各部課でどういう対応を取るか改めて検証していく必要がある」とした。

 玉城知事は県職員がり患した場合の対応方針や発生のレベルごとに取り組むことを定めたマニュアルに基づく対応を徹底するよう全職員に指示。3日午後には庁内放送でも感染防止対策の徹底を呼び掛けた。

 30代男性は3月26日に発熱し、味覚と臭覚に異常を覚えたため、4月1日に医療機関を受診、3日に陽性が確認された。症状は軽症で感染症指定医療機関への入院を調整している。職業や行動歴・接触歴については那覇市保健所が調査中。

  • タグ: 新型コロナ県内感染
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム