八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

強風で、門口に出した軽めのごみ袋…

 強風で、門口に出した軽めのごみ袋(発泡スチロールなどの資源ごみ)が路上に転がされ通行車両に迷惑をかけている▼慌てて回収したら袋の一部につつかれた跡が。転がってできたものではない。重しで押さえ置きなおして観察していたら、カラスが3羽飛来、袋の周りの様子をうかがい、そのうち袋を突き裂き始めた▼走り寄って追っ払い、突き裂かれた箇所を見たらラーメンカップに穴が。洗い乾かして出しているので臭いもないはずなのに。カラスはラベルを覚えているのかな。向かいの家の袋もやはりつつかれていて、ラーメンカップが外へ飛び出している▼島ではカラスも駆除対象でクジャクなどと同じく随時退治されていると聞く。ところが、いずれも頭が良くて、すばしこく早々捕獲出来ないとも。たしかにカラスは普段は姿をみせないのに、なぜかごみ出しの日に決まってどこからともなく先発が現れごみ袋を確認、仲間を呼ぶ。飛来するのは同士なのか、それとも違う群れなのかの区別もつかない▼この分では、生ごみを出す日だけでなく、食品容器などの資源ごみを出す日も対策を考えなくては▼ただカラスは、野外の生き物の死骸なども食い片づけてくれているので一方的に悪者と決めつけられないもどかしさも。どこかで手を打つしかない。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム