八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

子どもたちの心と体に危険が迫っている…

 子どもたちの心と体に危険が迫っている。世の親なら何としてもさけたいと思う問題であろう▼オンラインゲームなどに過度に没頭することにより、人間関係や仕事、学業などの日常生活に支障を来す状態を指す「ゲーム障害」が深刻である▼初の実態調査で10代と20代の約12%が、休日に6時間以上ゲームをしており、プレイ時間が長い人ほど学業、仕事への悪影響や心身の不調を感じながらもゲームをやめられないなど依存傾向にあることが明らかになった▼回答には「友人、恋人らとの関係を危うくしても続けた」「腰痛や頭痛など体の問題があっても続けた」「睡眠障害や憂鬱など心の問題が起きても続けた」などがあり、時間や頻度を自らコントロールできずに日常生活の中で最優先している▼一方、国内ではインターネット交流サイト(SNS)で知り合った未成年者の誘拐事件も発生している。県内では、18歳未満の子どもに対する児童買春などの摘発件数が、増加傾向であるとの県紙報道もあった。子どもたちは無防備のまま危険の中にいる▼文明の利器も正しく使ってこそ現代の利器になる。過度の依存で心身を痛めてほしくない。情報、情報の連続で考える力を奪われないで。守るべき大切なものがある。子どもたちに誘惑に負けない強さを教えたい。(鬚川修)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム