八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

工事46件、委託は11件 公共工事発注見通し公表

老朽化が進む市営新川団地。新団地の建築工事の発注が今年度下半期に予定されている=17日午前

老朽化が進む市営新川団地。新団地の建築工事の発注が今年度下半期に予定されている=17日午前

石垣市19年度下半期

 石垣市は17日までに、2019年度下半期(10~3月)の公共工事発注の見通しを公表した。工事46、委託11の57件。市営新川団地建て替え、かびら子ども園整備、生乳加工施設建築設計業務などを予定する。

 新川団地は3階建て3棟48戸を、逆L字型の5~9階と高層化、80戸に増やす計画。グループホーム2戸も整備する。今年度は管理委託費などを含む建築費として5億1000万円余りを当初予算で確保している。工期は18カ月を予定する。21年度の供用開始を目指す。移転後に現団地を解体する。

 かびら子ども園は土木、建築、電気設備、機械設備の4工種で14カ月の工期。

 生乳加工施設は、老朽化した乳業施設を再編し、衛生管理の高度化に対応するもので基本計画・基本設計、実施設計を予定する。期間は6カ月。

 災害時の観光客対策として、県の沖縄観光防災力強化支援事業を活用した観光防災備蓄倉庫設置工事も予定。中央運動公園内に整備した後、観光客用の食料や飲料水などを備蓄する。これまでは市民向けの備蓄にとどまっていた。多言語による津波避難所誘導標識設置工事も発注する予定。

 新港地区クルーズ船専用バースでの屋根付き歩道建築工事も下半期内に発注したい考え。川平、平久保、新川、平真の各小学校でブロック塀改築工事、大浜地区歴史遺産活用事業の駐車場・芝生広場整備も予定する。

  • タグ: 石垣市2019年度下半期公共工事発注見通し
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム