八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

包丁を使い魚さばく 5校の児童43人が挑戦

グルクンさばきに挑戦する子どもたち=25日午後、伊原間公民館

グルクンさばきに挑戦する子どもたち=25日午後、伊原間公民館

県離島体験交流事業

 県の2019年度沖縄離島体験交流促進事業離島版が24日から石垣島でスタートした。2日目の25日は、県内離島5校の小学5年生43人が伊原間公民館で魚さばき体験に挑戦した。

 同事業は15年度にスタート。複数の児童を対象に、講演やワークショップなど離島での体験交流などを行い、離島間ネットワークを形成することなどが目的。石垣島開催は2度目。

 石垣島派遣は伊江、粟国、多良間、与那国、比川の五つの小学校43人のメンバー。魚さばき体験では、地域住民からグルクンのさばき方を学んだ。

 魚さばきは▽うろこ取り▽内蔵の取り出し▽三枚おろし一の流れで実施。地域の大人は「ゆっくりスッと切る」「握りすぎると体温で身が煮えてしまう」などレクチャーした。その後、天ぷらにして全員でほおばった。

 多良間小学校5年の野原雫さん(11)は、「うろこ取りではうろこがすごく飛び散った。魚をさばくのもうまくできたと思う。(家に帰って)親と一緒にさばくならできそう」と感想を述べた。

 事業の委託を受けた㈱カルティベイトの協働促進部、宮城祥部長は「島の良いところを比較して、自分の島の良さを再発見するスタート地点となってほしい。(将来)島を出た際にも、島の事を説明できるようになるので、自信につながると思う」と成長に期待した。

 石垣島開催の日程は3泊4日。参加児童は今後、各島で学んだことを考え、各自治体の12月議会で発表する予定。

  • タグ: 沖縄離島体験交流促進事業伊原間公民館
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム