八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

生産組合 優良ヤギから38頭生産

石垣市の優良ヤギ事業が終了した。今後は大型化の調査を行う(資料写真)

石垣市の優良ヤギ事業が終了した。今後は大型化の調査を行う(資料写真)

貸与45頭、大型化調査へ 市の貸付事業終了

 石垣市が優良種ヤギを購入し、石垣市山羊生産組合(宮國文雄組合長)に貸与する貸付事業が2018年度で終了した。石垣市は3年間で同組合に45頭を貸与。在来種などとの交配による繁殖実績は3年間で38頭。市は今後、優良種との交配で大型化が達成されたか調査を進める。

 石垣市は初年度の16年度に8頭(事業費108万円)、17年度24頭(同216万円)、最終年度の18年度に13頭(同108万円)のヤギを導入。繁殖実績は▽16年度14頭(オス6頭、メス8頭)▽17年度18頭(オス11頭、メス7頭)▽18年度6頭(オス1頭、メス5頭)|となった。貸与ヤギから生まれたヤギは、組合所有となる。また、貸し付け後に死亡したヤギは9頭(オス1頭、メス8頭)いた。

 貸与されたヤギは近親交配を避けるため、貸与3年で廃用処分する。初年度のヤギは既に処分されており随時、20年度、21年度に処分される。

 石垣市農林水産部畜産課の担当者は、貸与後に死亡したヤギについて、「下痢や胃腸炎の症状があり、外来ヤギが石垣島の環境に合わなかった可能性がある」と指摘。市は今後、秋までに八重山食肉センターと連携し、と畜枝肉結果を参考に大型化が達成されたか検証する。

 同事業自体は18年度で終了しているが、貸与は継続されている。

 宮國組合長は取材に対し、「ヤギの死亡率が高かった気がする。改良ヤギに病気は付き物」と3年間の感想を述べる。ヤギの改良・大型化については、「導入したメスは初産なので、まだ骨格ができていない。2度目の出産では1年で重量80㌔のヤギができる可能性はある」と期待した。以前から提言してきたヤギのセリ導入については、「JAは採算にこだわっているようだが、赤字にはならない。3カ月周期でセリを開いてほしい」と求めた。

  • タグ: ヤギ生産組合
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム