八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

やっほっほ夏休み 郡内小中高校で終業式

少し緊張した様子で通知表を受け取る真喜良小学校5年3組の児童ら=19日午前、同校

少し緊張した様子で通知表を受け取る真喜良小学校5年3組の児童ら=19日午前、同校

 郡内の小中高校の1学期の終業式が19日、各校で行われ、児童生徒らは通知表を受け取り、1学期をふり返って44日間の長い夏休みに入った。

 このうち真喜良小学校(仲吉永克校長、児童352人)では体育館で終業式を行い、3年生と6年生の代表が1学期の反省を発表した。

 仲吉校長は「三つの約束をしましょう。地域行事に進んで参加する。安全に夏休みを過ごす。学校でできなかった事を夏休みに挑戦する。9月2日にまた皆さんの元気な笑顔を見せてください」とあいさつした。

 5年3組の教室では児童25人が担任の友利大希教諭から通知表「まきらっ子」を受け取り、児童らは「意外と成績良い」「算数もっと頑張らないと」など、それぞれの1学期をふり返り、夏休みや2学期に向けた決意を新たにした。

 1学期委員長を務めた平良実愛さん(11)は「休まず皆勤賞をとれた。夏休みは家族とバーベキューをするので楽しみ」と話し、黒木渚さん(10)は「1学期は卓球クラブを頑張った。夏休みは祖父母がいる埼玉と茨城に旅行に行くので、たくさん遊びたい」と声を弾ませた。

ページ移動

キーワード検索フォーム