八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「平成と令和の架け橋に」 平成最後の日に宮里さん

宮里泰成・真梨さん夫婦と平成最後の4月30日に産まれた赤ちゃん=3日午後、県立八重山病院

宮里泰成・真梨さん夫婦と平成最後の4月30日に産まれた赤ちゃん=3日午後、県立八重山病院

第3子の次男を出産

 平成最後の4月30日と令和元年初日の1日に県立八重山病院で二つの命が誕生した。「平成最後のベビー」と「令和ベビー」それぞれ一人が産声を上げ、病院内は祝福に包まれた。

 このうち平成最後のベビーは、石垣市内に住む宮里真梨さん(30)が30日午前8時47分に2772㌘で出産した第3子の次男。「すくすくと兄妹仲良く元気に育ってほしい」と幸せを願った。

 当初の出産予定日は5月11日だったが、29日夜に陣痛が始まって入院、お産に臨んだ。

 夫の泰成さん(29)は「助産師さんが笑顔で落ち着いて対応してくれたので安心感があった」と感謝。「周りから令和世代の子どもになると言われていたが、この子が平成最後を選んで産まれてきてくれたのなら、平成と令和をつなぐ懸け橋になることを期待したい」と目を細めた。

 赤ちゃんの名前について真梨さんは「候補は二つあるので、家族と相談して決めたい」と笑顔で話した。

  • タグ: 平成最後出産
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム