八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

策定委 きょう素案答申 市庁舎跡地利用

市役所現庁舎跡地利用基本方針(素案)の内容を最終確認する委員ら=26日午後、市役所会議室

市役所現庁舎跡地利用基本方針(素案)の内容を最終確認する委員ら=26日午後、市役所会議室

新たなにぎわい創出目指す
市が住民意見交換会開催へ

 第4回石垣市役所現庁舎跡地利用基本方針策定委員会(委員長・谷口正和石垣市観光アドバイザー、18人)は26日、「市民と来訪者との交流拠点」を整備方針とする素案をまとめた。27日に答申する。民間のノウハウ・資金を活用して市民と来訪者との交流拠点を整備し、新たなにぎわいの創出を目指す内容。市は来年1月以降、周辺住民らとの意見交換会を行い、次年度に民間活力の導入可能性を調査する。

 11月12日から12月12日まで行ったパブリックコメント(市民意見募集)に寄せられた意見は1件のみ。市企画政策課は「まだ認知されていない」として意見交換会などを通して広くPRする考え。

 素案には、現庁舎跡地に防災機能を備えた複合施設とパブリックスペース・駐車場、教育委員会跡地に自走式立体駐車場を整備し、立体駐車場と複合施設を渡り廊下でつなぐイメージなど4パターンが盛り込まれた。

 基本イメージでは、複合施設と市民利用施設にゾーニング。複合—は低層部を市民利用施設、中高層部を収益施設とし、市民|は芸能文化の発信機能や娯楽機能として劇場、シネマ利用にも対応できる多目的ホールなどを例として挙げる。ほかに子育て世帯や高齢者、身障者が集える機能にも配慮する。収益施設は飲食、宿泊、娯楽などが考えられるとした。

 実現に向けた課題としては▽跡地周辺を含めた検討▽地域の参画▽整備後の施設マネジメント▽民間事業者との対話—などを挙げた。

 委員は「跡地を市のシンボルの場所に。美崎町全体と周辺のまちづくりにも着手を」「移転後、空洞化にならないような取り組みを」「拙速にならず慎重に検討を」などと要望した。

 現本庁舎は敷地1万373平方㍍、教育委員会庁舎は987平方㍍。

  • タグ: 市庁舎跡地利用
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム