八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

安全安心の年末年始に

パレードで年末年始の交通安全を呼び掛ける石垣市交通安全推進協議会の会員ら=20日夕、新栄公園前

パレードで年末年始の交通安全を呼び掛ける石垣市交通安全推進協議会の会員ら=20日夕、新栄公園前

横断幕で年末年始総合警戒をアピールする八重山地区防犯協会会員ら=20日夕、新栄公園前

八重山署ら合同出発式
交安運動と防犯呼び掛け

 「飲酒運転ダメなの わかるよね?!」をスローガンに交通安全思想を広める「年末年始の交通安全県民運動」が21日、沖縄県内で一斉に始まり、2019年1月4日まで、飲酒運転の根絶や、二輪車の交通事故防止などを呼び掛ける。同運動と石垣市民の防犯意識を高める総合警戒(1日~19年1月3日)の合同出発式(市交通安全推進協議会、八重山署、地区防犯協会主催)が20日夕、市民会館前で行われ、約140人が市街地をパレードし、市民の交通安全意識や防犯意識を啓発した。

 八重山署(与那嶺一文署長)によると、ことしの管内の交通事故は、物件事故が11月末時点1742件で、前年を80件上回り、増加に歯止めがかからない状況。人身事故は12日時点で88件(前年比5件増加)。一方、同刑法犯認知件数は11月末時点で282件、昨年を33件下回っているが、万引きは32件で6件増加した。

 市交通安全推進協議会長でもある中山義隆市長は、出発式で「子どもや高齢者を犯罪から守り、飲酒運転を根絶するためにも、家庭、職場、地域が一体となって推進を」と、安全な年末年始に向けて一致団結を呼び掛けた。 

 与那嶺署長は「年末年始は経済活動の活発化により強盗事件の発生や、飲酒がらみの事件事故が懸念される。対策を強化していくので、安全安心な地域社会の実現のためになお一層の協力を」とあいさつ。

 パレードでは関係団体約70人が横断幕を掲げ新栄町や美崎町一帯を練り歩いたほか、石垣第二中学校器楽・マーチング部49人が華麗な演奏と演舞、石垣中学校女子バレー部1、2年生12人が飲酒運転根絶をアピールするパネルを掲げて行進した。

  • タグ: 交通安全県民運動
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム