八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

修学旅行シーズン到来 八重山郡内

バスガイドから「太鼓ばやし」の歓迎を受ける箕面自由学園高等学校の生徒たち=18日午後、南ぬ島石垣空港

本年度102校の来島を見込む
空港で三線太鼓の出迎え

 10月に入り、八重山郡内に修学旅行シーズンが到来している。今月から12月にかけ、関西・関東方面から多くの生徒たちが訪れる予定だ。八重山教育旅行誘致委員会によると、本年度の修学旅行の学校数は102校1万9130人を見込んでおり、前年度の94校1万7280人より増加する見通しだ。

 18日には、大阪府の箕面自由学園高等学校(田中良樹学校長)の2年生特進コース314人が空路で来島。一行は3泊4日の日程で小浜島を拠点に石垣、西表、竹富の各島でマリンスポーツや文化芸能に触れる。

 生徒たちが南ぬ島石垣空港のターミナルビルを出ると、東運輸㈱の運転手やバスガイドから「太鼓ばやし」で歓迎を受け、三線や太鼓の音に心を躍らせていた。

 男子生徒は石垣島の印象について「湿度が高くて蒸し暑い」とカーディガンを脱ぎ、「大阪で経験できないシュノーケリングやカヌー体験が楽しみ」とわくわくした様子で話した。

 田中学校長は「八重山には日本の原点が残っているので、生徒たちにはそこを見て感じてほしい。教育旅行を通しクラスの団結力を高め、友人との絆も強めてもらいたい」と期待。

 東運輸の久場島清俊常務取締役によると、修学旅行で八重山の良さをPRすることが将来のリピーターにつながるという。「生徒たちが大人になって、友人や家族、新婚旅行で来島してもらえるよう、修学旅行は入域客数を伸ばす突破口の一つ」と力を込めた。

  • タグ: 修学旅行
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム