八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

前盛朱琳さん最優秀賞 白保中3年

「かのや未来創造プログラム—平和の花束2018—『平和へのメッセージ』」の中学生の部で最優秀賞に輝いた白保中学校3年の前盛朱琳(じゅりん)さん=21日午後、市教育委員会

鹿児島・平和へのメッセージ
悲劇もたらす戦争問う

 鹿屋市教育委員会が鹿児島県内外の小中高校生から平和をテーマにしたメッセージを募集した「かのや未来創造プログラム—平和の花束2018—『平和へのメッセージ』」の中学生の部で、白保中学校3年の前盛朱琳(じゅりん)さん(15)が最優秀賞に輝き、21日午後、石垣市教育委員会で受賞を報告した。

 前盛さんの作文「平和の教科書として」は、社会科の授業や、ことし6月に伯母の喜美子さんから聞いた祖父の故・善介さんや陸軍特攻隊の第1号隊長として旧日本軍白保飛行場を出撃し、戦死した伊舎堂用久中佐の話を機に、島の戦争について調べてまとめた内容。

 「みのかさ部隊」に所属していた善介さんの苦悩や、善介さん宅に宿泊していた伊舎堂中佐の出発の日について伯母から聞いた話も紹介、「戦争って、何なのでしょう。戦争によって幸せを得た人はいたのでしょうか」と問いかける。最後は「私たちは『平和の教科書』となり、先人たちの悲しみや苦しみを語り継がなければならない」と訴えている。

 8月末に鹿屋市内で開かれた表彰式で朗読も行った前盛さんは「鹿屋市の戦争を知り、沖縄の戦争や八重山の戦争マラリアなど、ふだん平和学習で学んでいることを伝える事ができた。この体験を同級生や家族にも伝えていきたい」と力強く語った。

 石垣安志教育長は「高齢化で体験者も減少している中、貴重な学習ができたと思う。世界中の人が楽しい生活を続けていけるよう語り継いでいってほしい」と激励した。

 同メッセージは、戦時中に多くの特攻隊員が出撃した鹿屋から平和への願いを発信しようと、5年前に始まった。ことしは小学校5・6年生の部に1478点、中学生の部に1656点、高校生の部に156点の計3290点の応募があった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム