八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

上半期観光客68万4757人 八重山18年

2018年上半期八重山入域観光客数と消費額

2018年上半期八重山入域観光客数と消費額

消費額も増 最高更新の勢い
大型クルーズ寄港が押し上げ

 2018年上半期(1~6月)の八重山入域観光客数は前年比4・6%(3万421人)増の68万4757人、観光消費額(推計)は同8・4%(33億7000万円)増の435億7000万円に達したことが16日、県八重山事務所のまとめで分かった。いずれも前年の138万6646人、850億1000万円の過去最高を更新する勢い。八重山ビジターズビューローが発表している18年の予測値141万人も上回るペースで推移している。

 同事務所によると、上半期の増加は、海外路線の伸びが要因。前年比14・4%(2万6371人)増の20万9057人だった。

 中でも海路の大型クルーズ船の寄港回数が昨年の68回から69回に増え、うち10万㌧を超える大型船の寄港が10回から18回に増えたことが全体を押し上げた。

 空路では、香港エクスプレスが週6便運航で7・4%(1101人)増、中華航空が週2便運航で7・8%(247人)増。

 国内路線は、0・9%(4050人)増の47万5700人。県外直行便が東京路線を中心に好調に推移したほか、3月25日から通年運航となった福岡路線もプラスとなり、全体で前年比7・6%(1万5074人)増の21万2170人だった。

 県内路線は、3月25日から那覇路線、宮古路線とも1便減便となった影響で4・4%(1万1936人)減の26万1600人だった。

 3市町別の入域客は石垣市67万7777人(前年比4・6%増)、竹富町67万5436人(同23・7%増)、与那国町2万3454人(同2・4%増)と竹富町の伸びが顕著。

 黒島で前年比784・1%増の8万2347人、鳩間島で同597・7%増の1万7471人となるなど、石垣島周辺離島の人気ぶりがうかがえる結果となった。

  • タグ: 上半期観光客
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム