八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

青少年健全育成呼び掛け 石垣市推進委員会

「青少年の深夜はいかい防止」「未成年者飲酒防止」県民一斉行動の夜間街頭指導の出発式=20日夜、新栄公園

「青少年の深夜はいかい防止」「未成年者飲酒防止」県民一斉行動の夜間街頭指導の出発式=20日夜、新栄公園

63団体300人が夜間街頭指導

 2018年度「青少年の深夜はいかい防止」「未成年者飲酒防止」県民一斉行動の一環としてボランティア夜間街頭指導(石垣市推進委員会主催)が20日夜、市内で行われ、地域の63団体約300人が新川から白保まで11地区をパトロールし、出歩いている地域の少年らを見守る機運を高めた。

 新栄公園で行われた出発式で、同委員長の中山義隆市長は「地域の子どもは地域の大人に見守られているということを伝え、未成年者の飲酒、喫煙などの非行は許さないという機運を高めていくことが必要」とあいさつ。

 八重山署(与那嶺一文署長)によると、管内の6月末時点の補導件数は、前年比121人増の856人と、年々増加傾向にある。深夜はいかいと喫煙が9割以上を占め、時間は午後10時から午前4時まで、場所は路上や公園などが多い。

 与那嶺署長(金城太副署長代読)が「少年たちの社会参加を促し、成長を支えることは県民の務め」と述べた。

 出発式の後、参加者は14班に分かれ約2時間、担当地区をパトロール。このうち、第1班9人は、美崎町内を巡回し、無灯火自転車で走行する若者に「ライトをつけてね」と声を掛けるなどした。1班の班長を務めた市街頭指導員連絡会の白玉精喜会長は「非行初期のうちにいけないことをしていると気付かせ、自覚を持ってもらうことが重大な過ちを防止することにつながる。地域で見守っていきたい」と語った。

 沖縄県は7月1日から8月31日までを同運動期間とし、青少年の健全育成のための諸活動を推進。毎月第3金曜日を「少年を守る日」とし、期間中、県内一斉パトロールを行っている。

  • タグ: 青少年の深夜はいかい防止未成年者飲酒防止
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム