八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「石麻呂にわれ物申す 夏痩せに良し…

 「石麻呂にわれ物申す 夏痩せに良しといふ物ぞ むなぎ捕りめせ」万葉集で大伴家持が痩せぎすの人をからかった。20日は土用丑▼天平の昔から知られていた鰻の効能である。高タンパク、ビタミンAを多く含む。ところがその鰻を現代日本人は、まだ食べられるのに賞味期限の「食品ロス」として昨年2・7㌧も廃棄したという。環境保護団体が全国の大手スーパーを調査し報告した。何ともったいないことを▼ニホンウナギは過剰な漁獲、生育場や海洋環境変化などで資源量が急激に減少し、14年に絶滅危惧種に指定された。以来お値段もそれこそうなぎ上り。庶民には手が届かぬ高嶺の花である▼昭和期の石垣は鰻が身近な存在だった。初期は名蔵川河口で稚魚を捕獲し、のちに台湾からの輸入で磯辺や白水など養殖が盛んに行われた▼桟橋通りに蒲焼専門店が開業し、たちまち市民はそのおいしさに魅せられた。生産も消費も地元なら当然、安くて旨い鰻蒲焼が食べられたのだ。店周辺では「鰻を焼く香りだけでご飯が食べられる」と笑う人も。残念ながら99年頃登野城田原の養殖場が廃業し、石垣産鰻の灯は消えた▼食品ロスは石垣でもある。鰻好きの皆さん、私たちにできることは何でしょう? せめて資源の無駄使いをなくさなければ鰻に申し訳が立たない。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム