八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

すまむにで民話発表

大会出場者(前列)と市文化協会の役員ら=14日夕、市民会館中ホール

大会出場者(前列)と市文化協会の役員ら=14日夕、市民会館中ホール

石垣市文化協会 小学生、過去最多の3人出場

 ふるさとの言葉に対する関心を高め、地域文化の継承発展に寄与することを目的とした第8回すまむに(方言)を話す大会(石垣市文化協会主催)が14日、市民会館中ホールで行われ、9歳から80歳まで幅広い層の8人が出場、方言で民話や文化を紹介した。大会には小学生で過去最多の3人の参加があり、来場者から温かく盛大な拍手が送られた。出場者全員に賞状と副賞が贈られた。

 大浜小4年の前津乙絢(てぃあ)さん(9)と大島千佳(かずよし)君(同)が「大浜村ぬ桃太郎」、石垣小6年の請盛拓真君(12)が「うやふこう あうだ」(親不孝カエル)を原稿なしで発表した。

 一般では波照間静也さん(63)=新栄町=が「よーらさー なるだ ゆた」(火吹き鳥になったユタ)、今枝克郎(56)・亜呼さん(54)=真栄里=が「ぱいぬ てぃーすり ぱんすり」(蠅の手すり足すり)、 伊舎堂都さん(80)=登野城=が「『なだっさ かいしゃ すまくとぅば』いかいてぃ」(やさしい美しい島言葉に出会えて」、通事安憲さん(66)=大川=が「ぐしょーぬ しょんがつ」(後生の正月)、小林さゆりさん(56)=登野城=が「しばんぬ あかんまー」(師番の赤馬)を紹介した。

 このうち今枝夫妻は6年前に名古屋から移住し、島言葉を習い始めて1年半。昨年に続き2回目の出場で、「島言葉を話すのは難しいですが、少しは聞かれるようになっていますでしょうか」と語りかけると拍手が湧き起こった。

 協会すまむに部会(黒島健会長)の部会員、村田栄正さんが感想を述べ、「今回3人の小学生が出たことは大きな喜び。これが広がってほしい。子や孫に声をかけてほしい」と呼び掛けた。

 大会に先立ち、江川義久会長、黒島部会長があいさつし、「大人がすまむにを使うことが大事」と強調した。アトラクションとしてミヤギマモルが方言バージョンの「やいま(八重山)」を初めて披露した。

■流ちょうな方言披露

 小学生に大きな拍手

 大浜小4年の前津乙絢さんと大島千佳君、石垣小6年の請盛拓真君は方言の民話を暗記して第8回すまむぬを話す大会に臨んだ。流ちょうな方言が拍手喝采を受けた。主催する石垣市文化協会すまぬに部会の黒島健会長も「方言を覚えるのは丸暗記から」と喜んだ。

 半年ほど前に学校で発表したこともある前津さんが出場者8人のトップバッター。「緊張したが、ちゃんと話すことができた」とホッとした様子。

 大島君は身ぶり手ぶりを交えて「ばあちゃんに出たらと言われ、2週間、遊ぶ暇もないくらいに練習した。お菓子をもらえたので良かった」と笑った。

 請盛君は「公民館の方言講座を受けたときに先生から促された。6月後半から週に2、3回練習したが、発音が難しい。父もちょっと方言を話すが、もっと使ってほしい」と要望した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム