八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

狩俣さん最優秀賞 優秀賞に金城君、島仲さん

最優秀賞に輝いた狩俣幸奈さん(中央)、優秀賞に選ばれた金城元気君(右)と島仲美好さん=16日午後、八重山合同庁舎2階大会議室

最優秀賞に輝いた狩俣幸奈さん(中央)、優秀賞に選ばれた金城元気君(右)と島仲美好さん=16日午後、八重山合同庁舎2階大会議室

中学英語ストーリーテリング地区大会 県大会へ「演技力つける」

 2018年度沖縄県中学校英語ストーリーテリングコンテスト八重山地区大会(八重山地区中学校英語教育研究会主催)が16日午後、八重山合同庁舎であり、郡内中学校の代表16人が発表した結果、最優秀賞に船浦中学校3年の狩俣幸奈さん(14)、優秀賞に久部良中学校3年の金城元気君(同)と黒島中学校3年の島仲美好(みよし)さん(同)が輝いた。3人は7月7日に浦添市で開かれる県大会に地区代表として派遣される。

 大会は、英語に対する意識の高揚とコミュニケーション能力の向上を目的に毎年開催。出場者は登場人物によって声色を変えたり、身ぶり手ぶりを交えたりしながら、表情豊かに発表した。荻堂ゆめじ審査委員長(八重山高校英語科教諭)ら審査員3人が①口述②話し方③タイミング④総合的な表現|を各20点の80点満点で審査した。

 荻堂委員長は講評で「声の大きさや調子は非常によく、自然なジェスチャーで滑らかだった」と評価する一方、「アクセントの位置が違うと聞いている人が理解するのが大変。覚えるときに意識してほしい」と指摘した。

 狩俣さんは「緊張したが練習通りにでき、役に入り込めたので楽しかった。県大会ではもっと演技力をつけて臨みたい」、金城君は「練習で覚えていた部分が出てこず頭が真っ白になった場面があり、喜びよりも悔しさの方が大きい。県大会までにメンタル面を鍛えて、発音を改善していい結果を残したい」、島仲さんは「本番で原稿の一部を飛ばしてしまうミスがあったので、優秀賞に選ばれてうれしい気持ちでいっぱい。県大会ではミスがないように毎日の練習に真剣に取り組みたい」とそれぞれ抱負を語った。3人を除く出場者は優良賞となった。

 優良賞は次の皆さん。

 福冨皓之(小浜3年)、大仲竜平(波照間3年)、内盛美生(竹富2年)、慶納美優(石垣3年)、砂川そら(伊原間2年)、長浜月(石垣第二2年)、田中涼葉(大浜3年)、赤嶺絢萌(名蔵2年)、林真生(大原1年)、譜久嶺加歩(与那国2年)、鈴木虹(西表2年)、波照間千晴(白保3年)、野里美優(崎枝3年)

  • タグ: 沖縄県中学校英語ストーリーテリングコンテスト八重山地区大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム