八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

冥福祈り防災へ決意

明和大津波で亡くなった人々の冥福を祈り、花をささげる参列者=24日午後、明和大津波慰霊塔

明和大津波で亡くなった人々の冥福を祈り、花をささげる参列者=24日午後、明和大津波慰霊塔

明和大津波慰霊祭、200人参列

 当時の八重山の人口の約3分の1にあたる9313人が亡くなった1771(明和8)年の明和大津波から247年目を迎えた24日、石垣市宮良にある明和大津波遭難者慰霊之塔で、市主催の慰霊祭が行われた。地域住民や防災関係者約200人が出席し、犠牲者へ哀悼の意をささげ、防災意識を新たにした。

 慰霊祭では佐伯美羽さん(真喜良小6年)と、髙橋満月(みつき)さん(白保中3年)が作文を朗読。

 佐伯さんは「災害に備えるため家族と話し合い、毎年防災訓練に参加し、水や缶詰をそろえても、まだ不安。大津波で失った命を無駄にしないためにも、不安だからこそ、これからも備え、命を大切にしたい」、髙橋さんは「自然災害は避けることはできないが、最小限に抑えることはできる。震災に遭われた方々の気持ちを無駄にすることなく、危機管理意識を高めていきたい」とそれぞれの決意を読み上げた。 

 中山義隆市長は「私たちが今すべきことは、過去の教訓から学び、一人一人が自らの命を守るため、防災・減災の意識を持ち、日頃の備えを整えておくこと。いま一度災害時の備えの確認を願いたい」と式辞。

 八重山ライオンズクラブが植えたテッポウユリが花開く会場で、石垣市老人詩吟クラブ(宮良栄代表)のメンバー10人が、故・牧野清氏の詩「慰霊の塔に寄す」を吟じ、千羽鶴を奉納した。

 明和大津波は1771年4月24日午前8時ごろ、石垣島の南南東40㌔で起こったマグニチュード7・4の地震によって引き起こされた津波。八重山、宮古両諸島で多くの死者を出し、その後も感染症がまん延するなど、未曽有の被害をもたらした。

地図
  • タグ: 明和大津波慰霊祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム