八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山のハーブが切手に

イラストを提供した嵩西洋子さん(左から2人目)や石垣市、竹富町に切手を贈呈した日本郵便株式会社沖縄支社の本間裕二支社長(右から3人目)ら=20日午後、石垣市役所庁議室

イラストを提供した嵩西洋子さん(左から2人目)や石垣市、竹富町に切手を贈呈した日本郵便株式会社沖縄支社の本間裕二支社長(右から3人目)ら=20日午後、石垣市役所庁議室

嵩西さんがイラスト提供

 日本郵便株式会社沖縄支社(本間裕二支社長)は、八重山地域に生息するハーブをモチーフにしたオリジナルイラスト切手1000部の限定販売を9日から、県内の31局で始めている。『南の島のハーブ』(南山舎刊)の著者・嵩西洋子さん(63)がイラストを提供した。

 ピパーチやゲットウ、ローゼルなど、八重山のハーブの美しいイラストを使った62円切手5枚、82円切手5枚が1シート、1300円。

 八重山のハーブの活用方法などを紹介した嵩西さんの著書『南の島のハーブ』の刊行に合わせて発売した。

 同切手の贈呈式が20日午後、石垣市役所庁議室で行われ、本間支社長らが石垣市や竹富町、嵩西さんに贈呈した。

 嵩西さんは「私の描いたハーブの絵が切手になりとてもうれしい。ハーブという大地の恵みが、南の島からみんなの幸せや希望を運ぶキューピッドになってほしい」と喜んだ。

  • タグ: 切手ハーブ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム