八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

登野城在の知人大先輩から私信をいただいた。西郷どんに…

 登野城在の知人大先輩から私信をいただいた。西郷(せご)どんにまつわる資料である。それによれば大正15年9月の先島新聞に西郷の50年忌法要を桃林寺で営むとの記事が▼「お知らせ文」は西郷を「蓋世の人豪」と表現し、「崇拝すべきは志士の本分」とある。はるか南海の島で、半世紀の時を経て西郷を慕う集いがあったのだ▼突然、妻の記憶が蘇った。昭和30年代から40年代、女の子たちの遊びの定番ゴム跳び。その数え歌に西郷がいたという。口ずさむのを聞けば「一かけ二かけて三かけて」から始まり「私は九州鹿児島の西郷隆盛娘です。切腹なさった父さまのお墓参りに参ります」などと歌ったと▼当時の女子は自分のことを「うち」と呼んだ。もしか関西由来の遊び歌かもとネット検索してみた。ある、ある。何と全国各地でほぼ同趣旨の歌詞で歌われている。末尾が多少違うだけでお手玉歌、手毬唄として大正期以降、広く普及していた。その数え歌が昭和の石垣島にどのように伝えられたのだろう▼「四かけて」は明治政府に仕掛けられてやむなく武装蜂起した、との暗喩であるとの説もあった▼時代と闘い、未来を創造し、やがて消えた悲劇の英雄。なぜかくも愛惜されるのだろう。西南戦争から140年。西郷の残り香は全国に、石垣にもあった。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム