八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

飲酒習慣65.6%で改善 減酒指導の成果など報告

第2回八重山地区健康おきなわ21推進会議が開催された=22日午後、八重山合同庁舎2階大会議室

第2回八重山地区健康おきなわ21推進会議が開催された=22日午後、八重山合同庁舎2階大会議室

八重山地区健康おきなわ21

 2017年度第2回八重山地区健康おきなわ21推進会議(議長・国吉秀樹八重山保健所長、21機関・団体)が22日午後、八重山合同庁舎で開催され、死亡率が全国の2倍に上る県内の肝疾患の高さを受け全国健康保険協会(協会けんぽ)沖縄支部が、特定保健指導の対象者に行った減酒指導の成果により、65・6%で改善が確認されたことを報告した。協会けんぽは今後、八重山の1市2町と連携した節酒支援も考えている。このほか、同会議のワーキング部会による健康づくり活動や対策についても紹介された。

 協会けんぽは、加入者のうち特定保健指導を必要とする3963人を対象に、問題飲酒の程度を調べるテスト「AUDIT(オーディット)」を用いてアルコール摂取量など飲酒習慣を調査し、改善プログラムを実施した。1年後、危険な飲酒レベルとして判断された532人のうち349人が飲酒習慣に改善がみられた。

 集計データを分析すると、飲む頻度よりも1回に飲む量を減らすことで、改善につながる人が多かった。

 また、同会議の中でワーキング部会による▽肥満▽職域▽生活習慣病▽たばこ▽歯と口の健康—の各対策についても意見が交わされた。

 健康長寿おきなわ復活に向け、取り組みの指標として活用する「県民会議版ロードマップ」では、経済・保健医療・福祉・民間団体が連携して健康づくりを図る一方で、特定健診受診率の向上も課題として挙げられた。

 参加した関係者らは健康づくりに対して「今後も継続した連携による取り組み」を再確認。地元2紙に掲載している「Let`s健康おきなわ21リレーエッセー」についても協議し、次年度も掲載することを承認した。

  • タグ: 八重山地区健康おきなわ21
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム