八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「八重山かまぼこの日」 240パックを無料配布

「八重山かまぼこの日」にちなんだかまぼこの無料配布に列をなす人々=22日午前、JAファーマーズゆらてぃく市場入口横

「八重山かまぼこの日」にちなんだかまぼこの無料配布に列をなす人々=22日午前、JAファーマーズゆらてぃく市場入口横

 「八重山かまぼこの日」の22日午前、かみやーき小かまぼこ店(大城弘代表)、マーミヤやかまぼこ(金城力代表)、金城かまぼこ店(金城球二代表)の3社が、JAファーマーズマーケット八重山「ゆらてぃく市場」入り口横で、八重山かまぼこ240パックを無料配布した。

 2008年2月22日に、八重山かまぼこが特許庁に地域団体商標(地域ブランド)として認定され、翌年から同日を「八重山かまぼこの日」と制定。以来、毎年無料配布を行っている。

 金城かまぼこ店の市野貴士さん(39)は「かみやーき小は創業から約80年、マーミヤは約70年、金城は約60年。これだけ続いているのは地域の皆さまのおかげ」と感謝。「十六日祭も八重山かまぼこを使ってほしい」と来場者に呼び掛けた。

 配布前から市民や観光客ら100人近くが長蛇の列をなし、配布開始から30分ほどでほぼ品切れとなった。

 配布の列に一番乗りで並んだ神村敏さん(98)=新川=は「30分くらい前から並んでいる。初めてもらいに来た。持ち帰って娘にあげるつもり。かまぼこは大好き」と笑顔。

 東京都板橋区から両親と旅行に来たという佐野裕孝さん(54)は「地元のスーパーで地元の人と同じようにかまぼこをもらえて、旅行の最後の良い思い出になった」と喜んだ。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム