八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

笑顔いっぱいの新一年生 本社主催

くにぶん木の会メンバーらと「ドキンドキン!1年生」を歌って踊り、小学校入学への期待を表す子どもたち=18日午後、市民会館大ホール

小学校入学の心構え学ぶ

 ことし4月に小学校に入学予定の園児らと保護者を対象に「第34回もうすぐ一年生園児と父母の集い」(八重山毎日新聞社主催)が、18日午後2時から石垣市民会館大ホールで開かれた。入学の心構えについての講話や、不審者対応の寸劇、手品やバルーンアート、豪華景品が当たるお楽しみ抽選会などが催され、郡内の園児らや保護者約900人が楽しい時間を過ごした。

 初めに本社の黒島安隆社長が「小学生になったら、元気な返事とあいさつを心がけて、交通ルールを守ってください」と呼び掛け、子どもたちを祝福した。

 続いて伊野田小学校の吉濱徳子校長と、同校の1、2年生ら3人が▽朝食をしっかり食べる▽早寝早起きする▽自分のことは自分でやる―など入学の心構えを伝えたほか、舞台上で同校1年の曽我太志君が体育着の早着替えを披露した。

 このほか、八重山地区防犯協会女性部は、防犯標語「いかのおすし」の寸劇を披露。パフォーマーにんにんはカラフルな巨大風船を客席に投入し、バルーンアートをプレゼントするなど、子どもたちの心をつかんだ。

 また、ことしもくにぶん木の会と子どもたちが舞台に上がり「ドキンドキン!1年生」を歌って踊り、入学への期待と喜びを全身で表した。

 最後の抽選会では、自転車やDVDプレーヤーなどに当選し、名前を呼ばれた子どもが舞台に駆け上がり、満面の笑みで景品を受け取った。

 白保小学校に入学予定で、学習机が当たった林川奈央さん(6)は「小学生になったら漢字を書けるように勉強を頑張りたい。将来はメーク屋さんになりたい」とガッツポーズ。母親のゆきさんは「ちょうど机を買うか迷っていたところだったので驚いた。しっかり勉強しなきゃね」と奈央さんにほほ笑みかけた。

 【第34回もうすぐ一年生「園児と父母の集い」協賛・副賞提供社】

 ㈲サンテック、ベスト電器登野城店、ベスト電器石垣店、㈲山田書店、㈲石垣自転車商会、ミスタードーナツ石垣ショップ、あさひ食堂、㈱サンエー石垣シティ、㈱マリヤ乳業、㈲八島印刷、ブックスきょうはんやいま店、㈲アルル、㈱マーミヤかまぼこ、文教楽器㈱、メイクマン石垣店、㈱オキジム、㈱ビッグワン石垣店、石垣レザー、田城家具、ギフトショップ鈴りん、茅原書藝會、ガウディア石垣新栄教室、こども創造塾そらとかぜ(順不同)

  • タグ: もうすぐ一年生園児と父母の集い
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム