八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

陸自配備計画に反対 宮良氏が政策発表

七つの柱と78項目の政策を発表する宮良操氏(右は妙子夫人、左は市議選予定候補者の花谷史郎氏)=17日午後、後援会事務所

七つの柱と78項目の政策を発表する宮良操氏(右は妙子夫人、左は市議選予定候補者の花谷史郎氏)=17日午後、後援会事務所

石垣市長選

 石垣市長選(3月4日告示、同11日投開票)で、革新系前市議の宮良操氏(61)は17日、後援会事務所で会見し、「市政は変えられる。島の未来は市民が決める」をキャッチフレーズにした政策を発表した。「市民の声を市政に生かす」「『子どもは宝』もっと予算を」など七つを柱に78項目。市長給与の10%カットを掲げるなど子どもの支援策を充実させる考え。宮良氏は「すべて実現可能な政策だ」と意欲を見せた。陸自配備問題では「石垣市の未来を脅かす軍事基地配備計画は受け入れず、市民の安心・安全・平和を第一に取り組む」とし、「これがすべての政策の土台だ」と強調した。

 政策の柱はほかに「行きたい!住みたい!石垣島」「豊かさを実感できる島へ」「島のどこに住んでも『良かった』」「安全・便利・暮らしやすいまちに」「市民の安心・安全・平和を第一に」。

 市長給与カットについては「自ら削減して財源確保のスタートにしたい」と述べた。子育て関連では、3万円の出産祝い金創出、高校生までの子ども医療費助成と順次無料化、夜間・休日保育、小中学校へのクーラー完全設置、小中学校の順次給食無料化などを列挙した。

 他の分野では、市長資産など情報公開の徹底、新庁舎建設の地元業者への分離・分割発注、観光地への微生物を活用した最先端バイオトイレ設置、環境保護保全基金の創設、石垣島製糖の建て替え支援、堆肥センターの運営改善、緊急優良母牛更新事業補助金の増額、島産肥育牛の増産、石垣市版地域包括ケアシステムの構築、市立休日夜間診療所の再建、消防士と救急救命士の増員—などを挙げた。

 新庁舎建設について宮良氏は「当初より建設費が高騰するなど課題が惹起されており、建設費を精査した上で市民に公表し、市民の意見を聞く」とした。

 宮良氏は「2期8年間の中山市政を見てきた。市職員として18年勤務し、5期20年の市議を経験する中で訴えてきたこと、感じたことに加え、各地区での懇談会で聞き取り調査したことを政策にまとめた。市民にとってはすべて優先課題となる」と述べた。

  • タグ: 石垣市長選宮良操氏
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム