八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

冒頭から私事で恐縮だが新年早々、本土から帰省した…

 冒頭から私事で恐縮だが新年早々、本土から帰省した大学生の息子から、5年間の日記が書けるほどの分厚いスケジュール帳をプレゼントされた▼昨年末のアルバイト代で購入したようだが、買ってはみたものの自分では使えない代物と思って「どうぞ」と譲ったのかどうかは定かではないが、何はともあれ新年に思わぬ大人のお年玉をもらったような気分になったのは確かだった▼頂いたからにはとこの1年、いや5年間しっかりと使いこなそうと決意。開いて見て「いいな」と思ったのは、5年間のあの日、あの時が1㌻の中で確認できるようになっており、発売元のアイデアに感心した▼早速、元日から日記兼用として使い始めた。よく日記の継続で言われる三日坊主にはならないと意を決して、毎日の就寝前の楽しみにしようと自らを奮い立たせて取り組んできたが、新年も10日を過ぎたあたりからここ数年の空白の多い手帳同様に、早くも雲行きが怪しくなってきた▼これではいかんと本コラムを書きながら再度奮い立っている次第。今回、日記をつけるにあたり、手元にある数年の手帳をめくってみた。大変な時や感動したこなど過ぎし日々の記憶がよみがえり、自己反省と共に勇気をもらった▼一日を振り返り自分自身を見つめる。日記には人生を豊かにする秘密がある。(鬚川修)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム