八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

伝統とモダンが融合 真乙姥嶽拝殿建て替え事業

ことし12月までの完成に向けて、新築事業が進む真乙姥獄の新拝殿図(建築アトリエ・トレッペン提供)

ことし12月までの完成に向けて、新築事業が進む真乙姥獄の新拝殿図(建築アトリエ・トレッペン提供)

完成予想模型を公表
期成会、12月完成目指す

 著しい老朽化や台風被害に伴って、新川の真乙姥嶽拝殿の建て替え事業を進める同期成会(入嵩西正治会長)は14日、新たな拝殿の基本設計と完成予想の模型を公表した。

 同獄の持つ「求心力」をテーマに、拝殿前面に円環状のアマハジ(雨端)を設けるなど伝統とモダンが融合した、100年続く拝殿を目指す。事業総額は1000万円。同期成会は完成目標をことし12月としている。

 新拝殿は、躯体部分をコンクリート造り、木造の小屋組みに沖縄伝統の赤瓦屋根を組み合わせる。それぞれ耐用年数は▽コンクリートは100年▽小屋組みは50~60年▽赤瓦屋根は30~40年ーで、古びた建築材は同獄の境内内で再活用できる仕組みも構築する。

 建て替えによって、拝殿は同獄内のイビ(神域)側に90㌢ほど移動する予定。

 設計を担当した建築アトリエ・トレッペン代表の照屋寛公氏(60)=新川出身、那覇市在住=は「字民にとって真乙姥獄は心のよりどころで、私にとっても思い出深い場所。真乙姥獄の神が民を守り愛護する考えから、拝殿前の人々を抱きかかえるイメージを建築的に具体化した」と話した。

 同事業額は当初、500万円と想定されていたが、建築工事の単価高騰などで倍増した。

 14日午後に開かれた新川字会(入嵩西純会長)の2018年度総会で発表され、入嵩西正治期成会会長は着工に向けて、「島内外、県内外の字出身者にも働き掛けをしている。拝殿の新築に向けて皆さんの(募金への)ご協力をお願いしたい」と述べた。

地図
  • タグ: 真乙姥嶽拝殿新川字会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム