八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市長選に配慮か陸自配備触れず

 ▽…尖閣諸島開拓の日式典に安倍晋三自民党総裁がメッセージを寄せた。「わが国を取り巻く安全保障は戦後最も厳しいと言っても過言ではない。島嶼防衛をはじめとする防衛体制の強化は今や待ったなしの課題」と指摘、南西諸島への陸自配備計画に触れるかと思いきや急転回。巡視船や航空機の導入経費に言及した。陸自配備計画が争点となる市長選に配慮したか。

 ▽…石垣みらいカレッジの「島の木育フィールドワーク」で木工職人の戸眞伊擴さんがナギの方言名「ユカリピトゥヌキャーンギ」の由来を解説。琉球王府にキャーンギ(イヌマキ)の納付を命じられた八重山の人々が、材質の似ているナギの皮を剥いで納め、役人をごまかしたという逸話から、ユカリピトゥヌ(役人の)キャーンギと呼ばれるようになったらしい。先祖の苦労と知恵がしのばれる。

 ▽…新春の青空に伝統だこが舞い、新しい年の迎えを感じさせた一日だった。一方、関係者からは「年々、参加者が減っている。たこへの関心が薄れているのかもしれない」と”凧離れ”を危惧する声も。伝統だこの製作方法を知る大人が減っていることもあるが、たこ揚げをする家族を見かけるのも少なくなった。家庭用ゲームに興じる時代、昔ながらの遊びに触れ合うのも家族のだんらんだ。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム