八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

アニソン方言版が効果的

 ▽…宮良小学校の方言教室で「ありのままで」でおなじみの「Let it go」の宮良方言版を1年生が元気良く歌った。なるほど、これは面白い。方言に親しんでもらう狙いで作られたメディアとしては、新川スマムニラジオ体操や宮古島方言スピードラーニングが有名だが、子ども層をターゲットにする場合、アニメの歌の方言版がとても効果的。

 ▽…8月20日に開く第7回「すまむに(方言)を話す大会」に向けて、市文化協会すまむに部会が申し込みを呼び掛けている。黒島健部会長は「ムニバスキカー(言葉を忘れたら)スィマバスキン(生まれ島をも忘れ)スィマバスキカー(生まれ島を忘れたら)ウヤバスキン(親までも忘れる)」と格言を紹介して警鐘を鳴らした。

 ▽…「なでしこ石垣島トレーニング」がことしも始まった。熊谷紗希は「フランスへ戻る前に良い準備をしたい」、後藤三知は「このキャンプを楽しみにしていた。初めての海外リーグへ挑戦するので、体のベースをつくりたい」とそれぞれシーズン開幕に照準を合わせている。一方、プライベートではマリンレジャーや石垣牛を楽しみにしており、メリハリのある合宿となりそう。 

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム