八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

台湾—石垣を竹舟で航海 15人で36時間かけて到着

竹舟プロジェクトのメンバーら=26日夕、旧離島桟橋

竹舟プロジェクトのメンバーら=26日夕、旧離島桟橋

黒潮に乗って快走する竹舟=24日、駒井俊之さん提供

 台湾・花蓮市から竹舟で石垣島を目指す竹舟プロジェクトの航海団「南風再超(ナンプーツァイチィ)」の「南風4号」(全長約6㍍・2人乗り)が24日夜、石垣港へ入港した。

 航海団は、花蓮市を現地時間23日午前7時ごろに出航、プロジェクトに参加する15人が交互に舟を漕ぎながら約36時間をかけ石垣港に入港した。

 途中、天候の影響から伴走するヨット2艇にえい航され、夜間も安全面からえい航されたが、南からの風と黒潮の流れを利用できたという。

 航海団の蘇達貞(スー・ターツァン)団長(64)は「うまく潮の流れに乗れた。夜は安全面から、舟をヨットでえい航したが、一つの成果を出す事ができた」と話した。

 竹舟は、メンバーの黄俊男(ファン・チンナン)さん(39)が、約300年前に台湾で使用されていたという竹舟を資料を基に製作。竹を麻製のロープで縛り、風をうけるための帆も取り付けられている。

 航海団は27日午前、石垣港をヨットで出港し、花蓮市に向かう。

  • タグ: 南風再超(ナンプーツァイチィ)南風4号竹舟プロジェクト
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム