八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

先島の経営者が交流 沖縄県中小企業同友会

第22回さきしま経営フォーラムin八重山が開催された=20日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ

第22回さきしま経営フォーラムin八重山が開催された=20日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ

フォーラムで情報共有
森山賢氏が経営体験を報告

 第22回さきしま経営フォーラムin八重山(沖縄県中小企業家同友会主催)が20日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラで開催され、先島地区の支部などから34人が参加した。会員らによるグループ討論のほか、㈱琉球補聴器の森山賢社長が「経営者の覚悟、社員共有で見えてきた光~私を変えたひとつのきっかけ」をテーマに、自らの経営体験を報告した。

 2代目として会社を経営する森山社長。昔から先代社長の父親と馬が合わず距離を置いていたが、母の死をきっかけに後継者として入社。「当時は、お願いされたら会社を継ごうかなと軽い気持ちだった」と当時を振り返った。

 先代から社長の座を引き継いだが、社員の定着率の低さやコミュニケーション不足など課題は山積。そんな中、社内研修で社員からの不満や会社の未来について本音で語ってもらったことで、一念発起。社員と徹底的に話し合い、社内改革に取り組む中で社内に変化が生まれ、経常利益にも反映され会社が活気づいた。

 「社員が輝く企業を目指し、社員の夢をかなえたい」と述べる森山社長。父親のことも受け入れ、よく飲みに行くほどの仲となった。今後は「お客さまに対し補聴器の満足度を上げたい」と目標を語った。

 同フォーラムの前には、同友会八重山支部(津嘉山航支部長)の第27回支部総会も開かれた。

  • タグ: さきしま経営フォーラム県中小企業家同友会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム