八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

登野城小 新校舎の落成祝う

浦崎喬校長(右)から設計業者や施工業者など14人に感謝状が手渡された登野城小学校の新校舎落成式典=23日午後、同校体育館

浦崎喬校長(右)から設計業者や施工業者など14人に感謝状が手渡された登野城小学校の新校舎落成式典=23日午後、同校体育館

記念式典で14人に感謝状

 登野城小学校(浦崎喬校長、児童568人)の新校舎落成記念式典が23日午後、同校体育館であり、施工業者ら14人に感謝状が贈られた。児童をはじめ保護者や関係者多数が完成を祝い、今後のさらなる発展を願った。

 新校舎は鉄筋コンクリート造の4階建て。総床面積は4982平方㍍。総事業費は25億1000万円。2016年1月15日に起工式が行われ、仮設校舎での1年7カ月間の学校生活を経て、今月7日に供用を開始した。

 浦崎校長は式辞でこれまでの経緯を振り返り、児童に「この校舎は今後、数十年使われる市の大切な財産。傷つけず、壊さず大事に使ってほしい」と呼び掛けた。

 川邉有音児童会長(6年)は「大切に使うよう心がけ、登小のよき伝統を守りながら、新しい校風をみんなで創っていきたい」と誓った。

 石垣安志教育長と八重山教育事務所の﨑山晃所長が祝辞を述べた。同校卒業生のBEGINときいやま商店のビデオメッセージも寄せられた。

 式典終了後は校舎の内覧会が行われたほか、祝賀会も開かれ、参加者が新校舎の落成をともに喜んだ。

 感謝状受賞者は次の通り。

 ▽大浜英和、山里守也、識名安信、東宇弘、山城忠雄、黒嶋克史、砂川盛良、丸尾剛、嵩原督、大石正明、仲野雅春、後上里洋一、守下直克、上地辰晃

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム