八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

キビ脱葉施設の財源要請 竹富町

西表に導入が計画されているサトウキビ脱葉施設整備に伴う財源措置について要請を受けた山本有二農林水産相(右から2人目)=18日午後、農林水産大臣執務室(竹富町提供)

西表に導入が計画されているサトウキビ脱葉施設整備に伴う財源措置について要請を受けた山本有二農林水産相(右から2人目)=18日午後、農林水産大臣執務室(竹富町提供)

西大舛町長が農林水産相に

 竹富町の西大舛髙旬町長は18日、東京都で山本有二農林水産相らを訪ね、西表に導入が計画されているサトウキビ脱葉施設の整備に伴う財源を措置するよう要請した。他にも、沖縄県と北海道の農家を支援する国の特定地域経営支援対策事業の延長も求めた。

 脱葉施設は、町の事業として2017年度予算に約4億9000万円が盛り込まれている。当初、町は、国、県、自治体で整備費を負担する強い農業づくり交付金事業の活用を予定していたが、県の本年度の予算措置が間に合わず、事業採択には至らなかった。そのため、別事業で予算確保を要望した形だ。

 町によると、山本農水相は「農林水産省としても農業の効率化、機械化の促進には力を入れたい」、同じく要請を受けた衆議院農水委員会の宮腰光寛筆頭理事は「若手農家の育成や新規就農にも関わることなので努力したい」などと述べ、特定地域経営支援対策事業の延長とも合わせ前向きな姿勢を示したという。

 要請は、鶴保庸介沖縄・北方相、秋元司内閣委員長、林幹雄自民幹事長代理、槌谷裕司沖縄振興局長、国場幸之助衆院議員にも行った。

 要請には大久研一町議、砂川利勝県議が同行。町産業振興課の小濵啓由課長が随行した。

  • タグ: キビ脱葉施設
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム