八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

交通安全マスコット贈呈 市教委通し1300個

新1年生に贈るマスコットを石垣安志教育長(中央)に手渡した石垣市交通安全母の会の宮良和美会長(前列左から3人目)ら=4日午後、市教委

新1年生に贈るマスコットを石垣安志教育長(中央)に手渡した石垣市交通安全母の会の宮良和美会長(前列左から3人目)ら=4日午後、市教委

帽子(防止)をモチーフにしたマスコット

新1年生に母の会

 石垣市内の小学校に入学する新1年生に交通事故に気を付けてもらおうと、石垣市交通安全母の会の宮良和美会長ら13人は4日午後、石垣市教育委員会を訪れ、手作りのマスコット約1300個を寄贈した。同日に八重山特別支援学校にも贈った。6日に学校法人カトリック学園海星小学校にも寄贈する予定。

 約30年前から行っている。交通安全に関するマスコットを作っており、ことしは交通事故の未然「防止」から「帽子」をモチーフにした作品を制作。3月には冨崎観音堂で祈願も行った。

 宮良会長は「命どぅ宝を合言葉に会員が心を一つにして作ったマスコット。市教委を通して子どもたちに配ってほしい」と述べた。

 石垣安志教育長は「子どもたちはランドセルにお守りとして付け、事故に遭わないようルールを守っていくと思う。心のこもった貴重なマスコットをいただき、ありがたい」と礼を述べた。

  • タグ: 交通安全マスコット石垣市交通安全母の会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム