八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

真乙姥御嶽 前里さん25年の役目終える

神司職を引き継ぐ儀式を終え、笑顔をみせる前里慶子さん(左)と東濵あけみさん=5日午前、真乙姥御嶽

神司職を引き継ぐ儀式を終え、笑顔をみせる前里慶子さん(左)と東濵あけみさん=5日午前、真乙姥御嶽

18代目神司に東濵さん

 真乙姥(まいつば)御嶽の第17代神司、前里慶子さん(73)が5日、18代目に引き継ぐ儀式「神首尾」を、新川字会(入嵩西純会長)の役員立ち会いのもと拝所で執り行った。神司として御嶽の祭事を取り仕切った25年間を振り返るとともに神に感謝をささげ、めいの東濵あけみさん(52)を第18代神司として紹介した。前里さんは「今日の日を元気に迎えられたのも神様のお守りのたまもの。引き継ぎができるのでホッとしている」と話した。東濵さんは11日、「神開き」という儀式を行い、神司職をスタートさせる。

 真乙姥御嶽は、15世紀末ごろに没したとされる、八重山石垣村の有力酋長・長田大主の妹の真乙姥を祭事としてまつった御嶽。

 前里さんによると、神司は代々、字新川の黒島家の父系親族の女性が世襲しており、以前から18代目は東濵さんにとのお告げがあったという。

 東濵さんは18歳で上京して以来、東京暮らし。10年前に帰省したとき、後継者かどうか確かめる「証拠願い」を前里さんとともに同御嶽で行ったところ、「言葉では例えられないものを感じた。前里さんに神様に喜んでもらった合図だと言われ、私だと確信した」と決意。子ども3人を成人するまで育てた後、3年前にUターン、前里さんの指導を受けてきた。

 前里さんは、神首尾の神事で「25年間お務めさせていただき、心から深く感謝します。神様のお導きで新川の年中行事ができ、何人何百人の人助けができた。新川の繁栄、健康をいつまでもお守り下さい。東濵さんを一人前の司として育つようお導き下さい」と祈願。儀式後、「ホッとした。あけみちゃんには責任をもってやってもらいたい」と激励した。

 東濵さんは「責任重大で怖い。方言も難しいので、神に仕えることができるか自問自答しているが、少しでも前里さんに近づけるよう、神司が途絶えることがないよう、責任を果たしていきたい。神の声に気づき、意思疎通ができるよう頑張りたい」と気を引き締めている。

 前里さんは今後も東濵さんをサポート、一人前になったと判断した段階で「隠居願い」を行い、正式に神司職を退くことにしている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム