八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

歯科検診の受診率39% 健康づくり対策報告

健康づくりに向けて関係機関・団体から報告があった八重山地区健康おきなわ21推進会議=23日午後、八重山合同庁舎2階大会議室

健康づくりに向けて関係機関・団体から報告があった八重山地区健康おきなわ21推進会議=23日午後、八重山合同庁舎2階大会議室

八重山地区推進会議

 健康づくり計画を積極的に展開するため、関係機関、団体らが協議する「八重山地区健康おきなわ21推進会議」(議長・国吉秀樹八重山保健所長)が23日午後、八重山合同庁舎2階大会議室で本年度最後となる第2回会議を開いた。会議では、歯科保健対策や適正飲酒の推進に向けて開かれたワーキング部会の取り組みなどが報告された。

 うち、歯科保健対策については、県八重山保健所が歯周病予防などのために行った調査結果を報告。2016年度の定期歯科検診の受診率が八重山全体で39%になることなどが紹介された。

 また、県紙が大学教授の調査結果をもとに既に報じている2008年〜12年の脳内出血の死亡率の数値を同保健所が紹介。八重山3市町の脳内出血による死亡率は、全国を100とした場合に男性が273.0、女性が226.7となることが報告された。

 男女とも全国で最も高い数値で、八重山地区医師会の上原秀政会長は「長い目での対策が必要。八重山の医療では最重要課題だ」と話した。

 他にも八重山の2事業所・団体がグランプリに輝いた第1回県健康づくり表彰(がんじゅうさびら表彰)の取り組みが紹介された。

  • タグ: 八重山地区健康おきなわ21推進会議
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム