八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

まちなかじゅんかんバスに乗ってみた。…

 まちなかじゅんかんバスに乗ってみた。辛口の友が「エアバス」と評するあれ。乗客が少なく「空気を運んでいる」らしい▼13年10月から運行しているから4年目。桟橋通りから西側市街地、約12㎞、31バス停を44分で巡っている。同じ路線を時計回りと反時計回りに、平日なら24本走る。13年2月、実験運行した結果、移動手段を持たない交通弱者の需要があると見込んだ▼路線上では30分に1回、バスに会える。だから乗客の少ないのが余計に目立ち、赤字が心配になる。運転手さんによれば、乗客は離島ターミナルや新川方面から八重山病院に通う人が中心という。ターミナル出発時、乗客は3人。新川小学校で1人、スーパー前で1人降り、あとは一人旅▼少ないけれど交通弱者は確実にいる。高齢運転者の交通事故多発の報道を思う。テレビは高齢者の運転免許返上を簡単に言い募るが、それは交通弱者と買い物難民を生む。その暮らしの深刻さが想像できないか。誰でも年をとる▼新築工事が進む県立八重山病院、ことし着工する新市役所は空港跡地だ。加えて空港アクセス道路が開通すれば、人やモノの流れも違ってくる▼まちなかバスの路線や需要も変わるに違いない。数は少なくても必要とする乗客がいる限り走ってほしい。がんばれ、まちなかバス。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム