八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

言い換えることで真実の姿を隠す。「敗走」

 言い換えることで真実の姿を隠す。「敗走」を「転進」、「敗戦」を「終戦」と言い換えた誤解を誘う婉曲語法である。時代錯誤か、安倍政権が多用する▼賛否渦巻いた「カジノ法」。国民や観光客の金を巻き上げるこの法律は「統合型リゾート法」、通称IR法という。何のことやら。過去に3度も廃案に追い込まれたことのある「共謀罪」は、「テロ等準備罪」に看板を変えて今国会に提出されるが狙いは同じ▼「積極的平和主義」は、自衛隊の海外での武力行使を可能とした「戦争法案」、いわゆる安全保障関連法制に支えられ、要の法律が「国際平和支援法」という欺瞞(ぎまん)。「武器」は「防衛装備」と言い換えられ、潜水艦など海外輸出に「積極的」だ▼官房長官が好んで使う「粛々と」。問答無用、県民世論の反対を押し切って辺野古埋め立てを進めること。「わが国は法治国家」とは、高江ヘリパッド工事を強行するため自衛隊ヘリを投入し、大阪から来た機動隊員が抗議活動中の芥川賞作家や県民を「土人」とか「シナ人」と罵倒する国の意▼石垣でも昨年暮れ、言い換えを聞いた。「陸自配備受け入れ表明」は、「防衛省から詳細な計画を出させるための手続き」と▼中央の手法をそっくりまねた、言い換えに隠した真実は何か。表明からやがて1カ月。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム