八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

平田さん(平真小4年)に内閣総理大臣賞 全国小学生作文コン

第25回全国小学生作文コンクール「わたしたちのまちのおまわりさん」で、内閣総理大臣賞を受賞した平田つぶらさん(右から2人目)=21日午前、八重山署署長室

第25回全国小学生作文コンクール「わたしたちのまちのおまわりさん」で、内閣総理大臣賞を受賞した平田つぶらさん(右から2人目)=21日午前、八重山署署長室

警察官の働く姿つづる

 第25回全国小学生作文コンクール「わたしたちのまちのおまわりさん」(日工組社会安全研究財団、全国少年警察ボランティア協会、読売新聞社主催)で、平真小学校4年の平田つぶらさんの作品「誰が見ていなくても」が、高学年の部で最優秀の内閣総理大臣賞を受賞した。同賞受賞は県内で2人目。応募総数7492点だった。平田さんは21日、八重山署の前田達史署長に受賞を報告した。

 平田さんは「日本一になれてうれしい」と受賞を喜び、署員に対し「怖い事もあると思いますが、頑張ってください」とメッセージを送った。

 前田署長は「内容もよく素晴らしい文章。八重山署としても光栄で、これを励みに警察の仕事に取り組みたい」と話した。

 また副賞の5万円は、民間救急ヘリコプターMESHサポート=名護市=に寄付した。

 作品の「誰が見ていなくても」は、平田さんが路上寝こみの通報を行った時の体験をもとに、警察官が路上寝こみ者への安全を優先し丁寧に働く姿や、その時の平田さんの心情が書かれている。

 12月20日時点、八重山署管内での路上寝こみ発生件数(暫定値)は758件で、昨年12月末の701件を57件上回っている。平田さんは路上寝こみ者に対し「もう路上寝こみはしないでください」と呼び掛けた。

  • タグ: 全国小学生作文コン内閣総理大臣賞
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム