八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県内離島で初の取り組み 犯罪被害者支援

沖縄被害者支援ゆいセンターの与那覇長次犯罪被害者支援活動責任者(左)に寄付金を手渡す八重山警察署協議会の大田守宣会長=19日午後、八重山署

沖縄被害者支援ゆいセンターの与那覇長次犯罪被害者支援活動責任者(左)に寄付金を手渡す八重山警察署協議会の大田守宣会長=19日午後、八重山署

「ブック・DE・サポート」 八重山署協議会が寄付金贈呈

 郡内で10月の1カ月間古本などを集め、犯罪被害者を支援しようと行われた「ブック・DE・サポート」の寄付金贈呈式が19日午後、八重山署で行われ、八重山警察署協議会の大田守宣会長が沖縄被害者支援ゆいセンターの与那覇長次犯罪被害者支援活動責任者に寄付金を手渡した。

 「ブック・DE・サポート」では3市町を始め海保、八重山署、地元住民などから3720点の古本などを集め、地元港運会社の協力を得て沖縄本島の古書買い取り業者で換金した。

 太田会長は「県内離島では初めての取り組み。皆さんのおかげで目標を大きく上回る結果となった。寄付金で被害者や遺族の心のケアに役立ててほしい」と話した。

 ゆいセンターの与那覇責任者は「犯罪被害者の精神的ダメージは想像以上に大きい。心のケアに寄付金を有効に使いたい」と感謝を述べた。

 ゆいセンターによると、11月末現在で被害者の電話相談が467件(同年比27件減)、面接相談が62件(同5件減)、直接支援が132件(同51件増)となっている。

  • タグ: 犯罪被害者支援ブック・DE・サポート寄付金贈呈
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム